· 

カルボーネン法計算サイト│目的別計算:ダイエットやスポーツパフォーマンスに!

こんにちは!

cortisパーソナルトレーニングジムです。

 

本日はカルボーネン法を用いた計算機を作成しました。

ぜひご使用ください。



カルボーネン法を用いた計算サイト

 

ご覧いただきありがとうございます。

健康や運動に役立つ心拍数計算の方法が可能となっております。

 

簡単な計算で、あなたにぴったりの運動の強さを見つけましょう。


安静時心拍数を測る

まずは「安静時心拍数」を測りましょう。

1分間に心拍数が何拍かを知っておく必要があります。

 

ウェアラブル端末等があれば測った数値で、

無ければ10秒測って6倍しましょう。


カルボーネン法による心拍数計算

カルボーネン法による心拍数計算

カルボーネン法の計算式: 目標心拍数 = ((220 - 年齢 - 安静時心拍数) × 運動強度) + 安静時心拍数








運動強度の効果

 

運動強度(%) 運動目的
50% 運動初心者や高齢者向け、軽いウォーキングやストレッチ、新陳代謝の促進とストレス軽減
55% 健康維持を目的とした軽い運動、軽いジョギングやスイミング、心血管系の健康維持
60% 体重管理と基礎体力向上、フィットネス運動の基本レベル、生活習慣病の予防
65% 基礎体力向上に適した中程度の運動、脂肪燃焼と持久力向上、定期的なフィットネス活動
70% 運動に慣れた人向けの運動強度、持久力と筋力の向上、アクティブなトレーニングとしてのランニングやサイクリング
75% 筋持久力の向上、より強度の高いカーディオトレーニング、長距離ランニングやサイクリングのトレーニング
80% 上級者向けの高強度トレーニング、短距離走やスピードトレーニング、最大酸素摂取量の向上
85% 高強度インターバルトレーニング、競技者向けのスピードとパワーの向上、筋肉の限界を超えるトレーニング
90% 最大限の努力を要するトレーニング、競技者やアスリート向け、瞬発力とスプリント能力の向上
95% 極限の運動強度、競技レベルの高強度トレーニング、短期間での最大限のパフォーマンス向上

まとめ


おすすめ記事①

おすすめ記事②

おすすめ記事③

おすすめ記事④


←次回の記事

前回の記事→



このブログの執筆者

進藤弘暉

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回はカルボーネン法の計算式を執筆してみたので皆様ご活用ください!